相手方が婚姻関係の破綻を認めない。証拠に基づく主張が認められ判決離婚できた事例

依頼者

40代女性(会社員)

別居の有無

主な争点

  離婚,年金分割

弁護士の関与

訴訟

解決結果

離婚判決確定,養育費月4万5000円,年金分割

解決までの期間

1年2ヶ月

解決のポイント

◯相談前

依頼者は,相手方からの精神的虐待や経済的不安があることから約6年別居をしていました。

離婚を決意した依頼者は,話合いや調停の申立てをご自身で行いましたが,いずれも相手方に応じてもらえませんでした。

調停不成立となったため,離婚訴訟の具体的な進め方を相談しに来られました。

◯相談後

弁護士が,依頼者の代理人として離婚訴訟を提起しました。

相手方は,離れて暮らしていた時期は途中まで単身赴任であり,別居中も家族間の交流は良好で,経済的な援助もしており,婚姻関係は破綻していないため離婚に応じないと主張しました。

これに対し,弁護士は,カード明細の利用状況や診断書を証拠として提出し,依頼者の経済的及び精神的負担があることを主張したところ,離婚,養育費及び年金分割を定める判決が出ました。

◯弁護士からのコメント
本件では,婚姻関係の破綻の有無,具体的には別居時期が最大の争点でしたが,動かしがたい事実(住民票の異動等)を軸に主張した当方のストーリーが認められ,破綻が認められました。離婚自体が争点になる場合は,訴訟で決着を付けざるを得ない場合が多いように感じます。

弁護士に依頼することにより,離婚調停をスピード解決させた事例

依頼者

30代男性(会社員)

別居の有無

別居

主な争点

  養育費

弁護士の関与

交渉,調停

解決結果

養育費200万円の一括払い

解決までの期間

2ヶ月

解決のポイント

◯相談前
依頼者は,不貞をした妻が子どもを連れて実家へ帰り,離婚を請求してきたたため,納得できずに相談に来られました。

◯相談後
暫く当事者同士で協議を進めましたが,相手方が弁護士に依頼して調停を申し立てたため,正式にご依頼いただきました。
調停の第1回期日前に相手方代理人と協議を重ね,慰謝料を考慮した養育費額を一括払いすることで合意できました。
その結果,1回目の期日で調停が成立し,スピード解決となりました。

◯弁護士からのコメント
離婚調停の場合,通常は月1回程度のペースで進みます。
弁護士に依頼すれば,相手方代理人と期日間に協議を進めますので,なるべく早期に調停を成立させることが可能になります(ただし,代理人の能力や指向によります。)。

どうやったら離婚できるのでしょうか?当事者間でこじれてしまった離婚問題を解決した事例

依頼者の属性

40代男性(会社員)

別居の有無

別居(単身赴任)

主な争点

  離婚,養育費,財産分与

弁護士の関与

調停

解決結果

離婚調停成立

解決までの期間

1年8ヶ月

解決のポイント

◯相談前

依頼者は,ご自身で離婚の調停を1年以上行っていましたが,何度期日を設けても相手方が離婚に応じず,後半は期日に出頭しなくなり不調となりました。このままではいつまでも離婚できないので,相談に来られました。

◯相談後

改めて離婚の調停を申立て,調停の場での話し合いを行いました。相手方にも代理人がつきましたので,少しずつ話し合いは進展しました。

最終的には,財産分与に加えて解決金を支払うことで,念願の離婚を成立させることができました。

◯弁護士からのコメント

本件は相手方が頑なに離婚を拒んでいる状況でした。双方に代理人がいることで,話合いは少しずつでも前進していくことを実感していただいたと思います。

自分で交渉を進めたい。離婚サポート契約で,依頼者自身で調停成立させた事例

依頼者の属性

20代女性(会社員)

別居の有無

別居

主な争点

  慰謝料,養育費

弁護士の関与

離婚サポート

解決結果

離婚調停成立(ご自身による手続)

解決までの期間

7ヶ月

解決のポイント

◯相談前

夫の不倫が原因で離婚協議をされていました。双方,離婚と親権は合意できたものの,慰謝料,財産分与,養育費の点で合意ができず,弁護士に相談されました。

◯相談後

ご自身で交渉を進めたいとのご意向でしたので,相談後「りこん安心サポート」に加入されました。その後,協議が難しかったため,ご自身で調停を申し立てました(申立書の記載内容は弁護士がアドバイスしました)。

期日の間にメールや電話で弁護士のアドバイスを受けながら,ご自身で調停を進め,無事成立しました。

◯弁護士からのコメント

ご自身で手続を進めたい方,離婚原因がなく別居中で時々アドバイスを受けたい方,忙しくて継続相談が難しい方などは,当事務所の「りこん安心サポート」がお勧めです。

離婚サポートを最大限活用して,適正な解決ができた事案

依頼者の属性

30代男性(会社員)

別居の有無

別居

主な争点

  養育費

弁護士の関与

離婚サポート

解決結果

養育費の調停成立(ご自身による手続)

解決までの期間

4ヶ月

解決のポイント

(相談前)
既に離婚済みでしたが,相手方が住宅ローンに加え,高額の養育費を要求するなどされていました。

(相談後)
ご自身で交渉を進めたいとのご意向でしたので,相談後「りこん安心サポート」に加入されました。まず,ご自身で養育費に関する調停を申し立てていただきました(申立書の記載内容は弁護士がアドバイスしました)。
期日毎にメールや電話で弁護士のアドバイスを受けながら,ご自身で調停を進め,無事に調停が成立しました。

(弁護士からのコメント)
相手方の要求がもともと過大でしたので,調停を通じて適正な養育費の支払をもって合意ができました。支払義務がある側としては,早期に適正な解決ができ,離婚サポートを最大限活用できた事案です。