離婚の種類

離婚の手続きご希望の方,または検討している方へ

離婚には協議による離婚調停による離婚審判による離婚裁判による離婚、と種類があるのをご存知ですか。
その中でも、協議離婚は最も簡易な離婚方法であり,離婚全体の90%以上とも言われています。

お互いが離婚するかどうか協議し,離婚協議書を作成し,離婚届に判子を押した上で,離婚届を市区町村へ提出すると離婚(協議離婚)は成立します。離婚や条件等で合意できない場合は,調停や裁判を行い離婚が成立します。

しかしながら,協議離婚は簡易であるが故に離婚後の生活のことをあまり考えずに離婚をしてしまい,後々,生活苦になるといったように大きな問題となる場合があります。離婚後,大きなトラブルを発生させないための一番の方法は,適正で法的効力のある離婚協議書を作ることが重要です。また,離婚を早く終わらせて開放されたい。早く新しい生活を始めたいという方は専門家に相談することで,当事者同士で話合うよりも数倍も早く解決することができます。お気軽にご相談ください。
離婚後のことを考えると,養育費や財産分与,慰謝料等のお金の問題は最重要項目といえます。財産分与では、お互いが全ての財産を公開し,双方が納得するように分けるというのが理想的ですが,実際には,お互いに財産を隠してしまったり,知らない所で借金をしてしまったりして大変な目に会うというケースが多々あります。
財産が明確にならないと分与することができませんし,虚偽で申告をしても,後から請求をされますので,最初から財産を全て公開した方が,離婚を円滑に済ますことができます。もし,相手が財産を隠していると考えられた場合は,当事務所へご相談ください。離婚における財産調査のプロが財産を調査し,最適な分与を実現させます。財産分与に関する詳しい情報はこちらのページへ
その他にも離婚をする際には,養育費や財産分与,慰謝料等の問題があります。詳しくは離婚とお金の問題ページをご覧ください。
離婚する際には,子どもの問題も解決しなければなりません。子どもに幸せな人生を歩ませるためにも,親権や面接交渉といった問題を解決する必要があります。詳しくは離婚と子どもの問題ページをご覧下さい。
また,離婚後は煩雑な手続きが多数ございます。手続きを円滑に実施しなければ,税金の免除や児童手当といったように損をしてしまう場合がございます。離婚後の手続き業務に関しては,離婚後に関する手続きのページをご覧下さい。

離婚協議書の必要性に関してはこちらをご覧ください。

離婚協議書を作成の仕方と作成する上でのポイントに関してはこちらをご覧下さい。