家庭を壊した代償は高かった。不貞の相手方へ訴訟で責任追及をした事例

依頼者の属性

40代女性(会社員)

別居の有無

別居中

主な争点

慰謝料

弁護士の関与

示談交渉、訴訟

解決結果

慰謝料315万円

解決までの期間

1年半

解決のポイント

不貞の相手方への慰謝料請求を依頼されました。

依頼者の意向により,当初は交渉を行っておりましたが,相手方は,不貞の事実を認めるものの,色々と難色を示し,賠償に応じませんでした。

そこで,訴訟を提起し,その責任を求めたところ,最終的には315万円の慰謝料の支払いを内容とする勝訴的和解となりました。

証拠を掴み夫の浮気相手へ慰謝料請求。早期解決し200万円を獲得した事例

依頼者の属性

40代女性(主婦)

別居の有無

同居中

主な争点

慰謝料

弁護士の関与

示談交渉

解決結果

慰謝料200万円

解決までの期間

2ヶ月

解決のポイント

依頼者様は,ご自身で調査事務所に依頼されて浮気の証拠を掴み,ご主人との離婚も考えておられました。しかし,色々な事情があってご主人との離婚には踏み切れず,ケジメを付けるため浮気相手の女性に対する慰謝料請求を依頼されました。

なお,依頼者様は,当事務所に来られる前も他の弁護士にご相談されたようですが,中々話が前に進まないとのことでした。

本件では調査事務所の詳細な報告書があり,訴訟でも不貞を立証できる十分な証拠があったのですが,依頼者様の希望により交渉による早期解決を目指しました。結果的には,浮気相手の女性も表沙汰になることを避けたかったため,2か月でのスピード解決となりました。

妻の元不倫相手からの嫌がらせ…,賠償請求に踏み切り170万円を獲得した事例

依頼者の属性

40代男性(会社員)

別居の有無

同居中

主な争点

慰謝料

弁護士の関与

示談交渉、訴訟

解決結果

170万円

解決までの期間

10ヶ月

解決のポイント

妻の元不倫相手から,不倫の証拠を送られるなどの嫌がらせを受けたため,ご依頼いただきました。

まずは,任意交渉での解決を希望されたので,受任通知を送って交渉を行いましたが,相手方は支払を拒絶。

そこで,不貞行為及び嫌がらせを理由とする損害賠償請求訴訟を提起し,170万円を獲得する勝訴的和解となりました。

不貞の代償は…。慰謝料請求や夫婦関係について寄り添った事例

依頼者

40代女性

別居の有無

主な争点

離婚,婚姻費用,慰謝料

弁護士の関与

調停,訴訟

解決結果

婚姻費用10万円(別居成立),慰謝料200万円

解決までの期間

1年4ヶ月

解決のポイント

◯相談前
依頼者は,夫の不貞行為に悩まれて相談に来られました。

◯相談後
まず,不倫相手に対して,慰謝料請求訴訟を提起しましたが,相手方資力に問題があったため一部分割として和解しました。
依頼者は夫との離婚を決意しましたが,ひとまず別居を開始したうえで,婚姻費用として月10万円を支払ってもらうこととなりました。

◯弁護士からのコメント
不貞行為は夫婦間のみならず,お子さんなどその家族にも大きな影響を与える問題です。
本件では慰謝料請求しつつ,離婚は急がず夫から婚姻費用を支払ってもらい様子をみるという方針を取りました。

不倫相手への慰謝料請求。弁護士が間に入ることで,3ヶ月のスピード解決ができた事例

依頼者

30代女性

別居の有無

主な争点

慰謝料(300万円請求)

弁護士の関与

交渉

解決結果

慰謝料300万円

解決までの期間

3ヶ月

解決のポイント

◯相談前

依頼者は,夫の不倫をきっかけにご相談に来られ,弁護士のアドバイスをもとに,ご自身で協議離婚を成立されました。

その後,不倫相手に慰謝料を請求するため,再度ご相談に来られました。

◯相談後

弁護士が不倫相手と交渉したところ,肉体関係は否定したものの,責任は認め,慰謝料300万円の支払いで合意を得ました。

◯弁護士からのコメント

本件では相手方が請求に応じましたが,調査事務所の報告書がありましたので,任意の請求に応じなければ早期に訴訟を提起する予定でした。客観的証拠があることで自信を持って交渉でき,結果的にスピード解決に繋がることが多いように感じます。

相手方が不倫を認め,請求どおりの慰謝料が支払われた事例

依頼者

30代女性

別居の有無

主な争点

  慰謝料

弁護士の関与

示談交渉

解決結果

300万円

解決までの期間

1ヶ月

解決のポイント

◯相談前

依頼者は,夫の不倫の証拠をそろえて,不倫相手への慰謝料請求をしたいと相談に来られました。また,夫の不倫が初めてではなかったこともあり,離婚や別居,婚姻費用の請求についても相談を希望されていました。

◯相談後

依頼者は,相談後別居を開始しました。また,婚姻費用はご自身で請求を行うことになりました。

弁護士が,依頼者の代理人として,相手方に対し慰謝料300万円を請求する内容の文書を送付しました。

相手方はすぐに不倫を認め,当方が請求したとおりの慰謝料を支払い,依頼者と夫との接触を絶つという条件で示談しました。

◯弁護士からのコメント
本件では相手方が直ぐに請求に応じましたが,調査事務所の報告書がありましたので,任意の請求に応じなければ早期に訴訟を提起する予定でした。客観的証拠があることで自信を持って交渉でき,結果的にスピード解決に繋がることが多いように感じます。

不倫相手が責任をとろうとしない…訴訟により和解金170万円の支払いを受けられた事例

依頼者

40代男性(会社員)

別居の有無

別居

主な争点

  慰謝料

弁護士の関与

交渉,訴訟

解決結果

170万円(和解金)

解決までの期間

1年6ヶ月

解決のポイント

◯相談前
依頼者は,妻の不貞発覚後,相手方が謝罪し交際をやめると誓約したことから,夫婦関係の修復を優先し,慰謝料請求はしませんでした。
しかし,相手方は再度の不貞を行い,依頼者からの連絡にも誠意のない返答を続ける状況でした。

◯相談後
相手方も代理人を選任し,交渉を行いましたが,それでもなお相手方は責任逃れを続けたため,訴訟を提起しました。
訴訟においては,依頼者から従前の経過について詳細な聞き取りを行い,賠償を求めました。その結果,相手方が和解金170万円の支払いをする内容で和解しました。

◯弁護士からのコメント
本件は不貞行為が明らかケースでしたが,このような場合でも相手方からの反論があるのが通常です。これまでの夫婦関係を綿密に主張立証することで,適正な賠償を実現する必要があります。

不倫の責任はいくらか。弁護士の交渉により慰謝料増額して示談を行った事例

依頼者の属性

30代女性(主婦)

別居の有無

同居

主な争点

  慰謝料

弁護士の関与

交渉

解決結果

130万円(80万円UP)

解決までの期間

6ヶ月

解決のポイント

◯相談前
依頼者は,夫の不倫相手に慰謝料を請求していましたが,相手方弁護士から主たる責任は夫にあるなど主張され50万円での解決案を提示されたため,納得できずに相談に来られました。

◯相談後
弁護士は,メールや写真等の証拠や夫からの聞き取りにより,相手方も積極的に関係を持っていたことを確認し,相手方との交渉を継続しました。結果として,現在の家族関係を優先し,相手方が謝罪文を書くとともに130万円支払う内容での示談となりました。

◯弁護士からのコメント
不貞の慰謝料は,交際期間や離婚の有無など様々な要素によって決まるため,証拠を確認したうえ事案ごとに適切な交渉が必要です。

不倫の代償!!元妻の不倫相手に慰謝料300万円を請求しスピード解決した事例

依頼者の属性

40代男性(会社員)

別居の有無

別居中

主な争点

慰謝料

弁護士の関与

裁判外の交渉

解決結果

慰謝料300万円(公正証書作成)

解決までの期間

1か月半

解決のポイント

依頼者の妻は夫に黙って不倫をしていました。

 

妻の不倫に気付いた依頼者は,調査会社を使って不倫の証拠を押さえました。ただ,妻には資力がないため,離婚後に不倫相手の男から慰謝料を取りたいというご相談でした。

 

弁護士から不倫相手に内容証明で慰謝料請求をしたところ,不倫相手は賠償義務を認めた上で分割払いにしてほしいと要望しました。そこで,依頼者の了解を得て公正証書で頭金+分割払いの示談書を作成しました。

 

不倫相手が長年勤めている職場も調査済みですので,滞納があれば強制執行が可能です(実際には完済される可能性が高いと思います。)。

ダブル不倫の結果,クロスで示談した事例

依頼者の属性

50代男性(会社員)

別居の有無

同居中

主な争点

  慰謝料

弁護士の関与

示談交渉

解決結果

150万円(示談金額)

解決までの期間

3ヶ月

解決のポイント

(相談前)

依頼者は,妻が男性とデートしている場面に偶然遭遇し,妻の不倫を知りました。そして,不倫相手の男性(既婚者)に対する慰謝料請求を進めたいということでご相談に来られました。

(相談後)

当初,依頼者は妻と離婚するつもりでしたので,不倫相手に対し300万円の慰謝料を請求をしました。すると,不倫相手の妻から依頼者の妻に対する慰謝料請求がありました。

依頼者は妻と実際に離婚するか悩みましたが,最終的には家族のアドバイスもあり,妻とは離婚しませんでした。そして,不倫相手とは賠償金150万円で合意しました。

弁護士からのコメント)

ダブル不倫の場合,不倫相手の配偶者からカウンターで慰謝料を請求されることがあります。その際,自分の配偶者と離婚すれば,慰謝料の増額事由になりますし,自分の配偶者が不倫相手の配偶者からの慰謝料請求されても助ける必要がなくなります。

しかし,離婚は単純な損得だけで決めるべきではありません。今後の自分の人生や家族にも影響することですので,しっかりと考えていただき,弁護士はそれに沿った解決を目指します。