妻からの一方的な離婚請求…,離婚サポートを最大限活用して,適正な解決ができた事案

依頼者の属性

30代男性(会社員)

別居の有無

別居

主な争点

  離婚,離婚条件

弁護士の関与

離婚サポート

解決結果

離婚・婚費の調停成立(ご自身による手続)

解決までの期間

7ヶ月

解決のポイント

◯相談前

依頼者は,離婚自体はやむを得ないと考えられていましたが,相手方が一方的に実家に帰った上,代理人を選任して離婚調停を申し立てられてきたことから相談に来られました。

◯相談後

ご自身で交渉を進めたいとのご意向でしたので,相談後「りこん安心サポート」に加入され,期日毎に弁護士からメールや電話でアドバイスを受けながら,ご自身で調停を進められました。

◯弁護士からのコメント

明確な離婚事由がないまま,夫婦仲がこじれてしまった案件です。相手方からは,事実とは異なる主張などがありましたが,適宜反論しつつ,離婚条件を提示するなどの解決に向けたサポートをさせていただきました。

慰謝料1000万円の要求,離婚サポート契約や代理交渉など最大限活用した事例

依頼者の属性

40代男性(会社員)

別居の有無

別居中

主な争点

  離婚婚姻費用

弁護士の関与

離婚サポート調停

解決結果

婚姻費用20万円,離婚解決金30万円

解決までの期間

2ヶ月

解決のポイント

(相談前)
依頼者は,約2年の婚姻生活を続けてきましたが,相手方の強い束縛などから別居に至り,離婚協議を進めていました。
しかし,相手方から提示された離婚条件は慰謝料1000万円,速やかに払わなければ会社に乗り込むという法外なものでした。

(相談後)
まずは,サポートプランを利用されて相手方と交渉を有利に進めていました。
その後,相手方が弁護士に依頼をして,離婚及び婚姻費用分担請求調停を提起してきたため,当方も正式に代理人として受任させていただきました。
調停では相手方の過大な要求が全く理由がないことを丁寧に主張し,調停委員も納得され,最終的に婚姻費用合計20万円,離婚解決金30万円として1回の調停で解決しました(離婚については,調停外で協議離婚)

(弁護士からのコメント)
相手方が過大な請求をする場合の対応はケースバイケースですが,サポートプランや代理を最大限活用されて,早期解決に至りました。