山口・防府の離婚問題解決の経験豊富な弁護士  いたむら法律事務所

山口・防府の離婚問題無料相談

  • 事務所案内
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0835-28-7228

養育費のケーススタディ

養育費で考えられるケースをまとめましたので,参考にしてください。

相手方が再婚した場合

IMG_1405.jpg
離婚した夫婦の片方が再婚した場合でも,親としての扶養の義務はなくなりません。したがって,養育費の支払いは継続して行う必要があります。

調停調書に記載された内容は法的拘束力を伴います。相手方が再婚したからといって勝手に養育費の支払いを止めると,強制執行により給料の差し押さえ等がなされる場合もあります。
 
相手方の再婚相手が高収入で,自分が支払う養育費を減額もしくは停止したい場合は,「養育費減額の調停」を申し立てましょう。同様に,相手方の収入が大きく変わり,自分が受け取る養育費の増額を求める場合は,「養育費増額の調停」を申し立てます。

相手方が失業した場合

相手方が失業し,借金の返済と生活費でギリギリの生活を送っているため養育費の支払いが滞っているという事態も決して珍しいことではありません。

この場合,子どもを扶養する義務に先んじて借金の返済を優先できるという根拠はどこにもありません。判例では,収入がなく多額の借金を抱えている場合でも,自らの生活が維持され,借金の返済が行われている以上は,子どもの扶養義務を怠る根拠はないとしています。

したがって,借金の返済よりも扶養義務のほうが優先されて行われるべきなのです。

離婚の際の養育費について、もっと詳しく知りたい方は…


離婚にまつわるお金の話。ぜひ、知っておいてください。

● 慰謝料 ● 婚姻費用 ● 養育費
● 強制執行 ● 財産分与

● 年金のこと


 

お気軽にご相談・お問い合わせください! 0835-28-7228

 

いたむら法律事務所は、山口・防府の皆さまの離婚・夫婦円満を親身に応援します。

IMG_1014.jpg ● はじめての方へ
● 離婚問題解決
のポリシー
     ● 相談の流れ         
● いい弁護士を味方にしよう

 ● 弁護士紹介  

     ● 弁護士費用

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.png賠償金が上がる交通事故相談saimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg




Copyright (C) 2014 いたむら法律事務所 All Rights Reserved.